相談支援事業所ふらっと

相談支援事業所ふらっとは、何をしてくれるの?
相談支援事業所ふらっとは、各務原市にお住まいの精神科疾患にかかられている方やそのご家族の日常生活の支援をさせていただきます。
主な支援内容は次の通りです。

①サービス等利用計画の作成

②精神科疾患にかかられている方やそのご家族の日常相談

【サービス等利用計画の作成】
障害福祉サービスを利用される方には、平成27年4月より「サービス等利用計画」の作成が必要となりました。相談支援事業所ふらっとでは、その方が希望する生活を実現できるように、福祉サービスを使うための「サービス等利用計画」の作成を行っております。
計画作成にかかる費用は無料です。

【精神科疾患にかかられている方やそのご家族の日常相談】
各務原市から委託を受け、各務原市にお住まいの精神科疾患にかかられている方や、そのご家族の方の相談に応じています。相談費用は無料です。

相談内容の例)
1.福祉サービスの利用に関すること
精神科疾患にかかられている方やご家族の希望をうかがい、適切な福祉サービスが利用できるように相談に応じます。
2.不安の解消・情緒安定に関すること
体調が悪い時や、話を聞いて欲しい時に相談に応じます。
3.家族関係・人間関係に関すること
家族との関係や職場の人間関係での悩み、人とのコミュニケーションをとるのが苦手、どう話していいか分からない等の相談に応じます。
4.就労に関すること
働きたいけれど体調が安定しない、どうしていったらいいか分からない等、仕事に関する相談に応じます。
5.その他、生活全般に関すること
その他、病気や障害に関する事、生活の中での困った事等の色々な相談に応じます。

※専門的な相談となる場合は、他の相談機関、関係機関等への連絡を行い、よりその方の希望に合った相談が受けられるよう繋げていきます。

計画相談支援とは
1.相談することが始まり
相談するのは、医療機関(病院、クリニック)や学校、障がい福祉 サービス事業所、市町村窓口、保健所、相談支援事業所等があります。
日常生活で困っている事を相談して下さい。(どこに相談したらいいかわからない場合は、最寄りの市町村窓口の福祉課を訪ねて下さい。)
2.障がい福祉サービスを利用する全ての方が対象
障がい福祉サービスを利用したい方は、『計画相談支援』を受ける必要があります。最寄りの市町村窓口で申請して下さい。
『計画相談支援』は、一定の経験年数があり、かつ指定の研修を修了した「相談支援専門員」のみが行える業務です。そのため、市町村窓口にて相談支援専門員が在籍する相談支援事業所を紹介してもらう必要があります。
相談支援事業所一覧(各務原市内)

相談支援事業所どんぐり
(知・身)
各務原市須衛町7
058-370-7500
各務原市社協生活相談センターさぽーと
(身・知・精)
各務原市那加桜町2-163
058-383-7623
障害者(児)相談支援センター飛鳥美谷苑
(身・知・精)
各務原市那加西市場町7-285-1
058-380-3102
相談支援事業所ふらっと
(精)
各務原市蘇原興亜町4-4-1
058-389-5141

3.サービス等利用計画の作成
相談支援専門員と面談をして、ご本人・ご家族の意向を確認しながら一緒にサービス等利用計画を作成していきます。
ご本人の夢や希望の実現に向けて生活支援していくための計画です。作成した後も、定期的に見直しをしていきます。
サービス等利用計画を作成するだけでなく、障がい福祉サービス以外のあなたを支えてくれる人や物、制度や公共機関を活用するなどして、より良い地域生活を送っていけるように随時相談に乗っていきます。

私たちを取り巻く様々な社会資源
<制度、公共機関>
医療 年金 生活保護
成年後見制度 公共職業安定所 他
<人、物>
家族 友人・知人 ボランティア
コンビニ、ランドリー等生活資源 他

図1:「計画相談支援」と「障害福祉サービス等」との関係】
f-img-1

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.