生活訓練(リカバリーストーリー)

「ゆうせんに出会えて自分が変わったこと」

私は、知的障害があり、療育手帳と精神保健福祉手帳を持っています。学校卒業後、高齢者のデイサービスで3年働いていました。
その後、知的障害者の施設に2年間通っていましたが、対人関係がうまくいかずに辞めてしまいました。家にいながら他に通うところを探していたときにクラブハウスゆうせんを紹介されました。ゆうせんに見学をしたり、体験実習をして、私の、課題が見つかりました。「対人関係とコミュニケーションを上手く出来るようにする。」ということがわかりました。
ゆうせんに入って最初にウェルカムワークユニットに入りました。ウェルカムワークでは古紙再生でダンボールについたテープやシールなどをはがして業者さんに回収してもらいます。初めはどんな事をするのかさっぱり分からなかったのですが、他のメンバーさんに教えてもらいながらやるうちに楽しくなりました。やりがいがあり自分に自信をもってやれる仕事です。
ゆうせんに来て自分では明るくなったと思います。ゆうせんが楽しく、来てよかった、入ってよかったとおもいます。
みんなと楽しい会話ができたり、いろんなことで笑ったりして1日があっとあう間に終わってしまいます。
私の目標は、過渡的雇用で、働く事です。ゆうせんのメンバーさんがやっているのを知って、「私も出来るかな」と思って、やってみたいと思いました。私は足が悪いので、体力をつけたいからです。またゆうせん内の人とコミュニケーションは取れますが、ゆうせん外の人の前だと固まってしまうので、そうならないようにゆうせんの外で働いて練習したいと思います。過渡的雇用では9ヶ月間掃除を頑張ったり、お客さんがみえたら明るく挨拶をしていきたいと思います。今は自分に自信がないので、過渡的雇用をやって自信をつけたいと思います。                   (のんさん)

「病気を経て、今」

私は、30歳頃にうつ病になりました。きっかけは、当時契約社員で働いていた職場の環境がすべて変わったことがきっかけでした。しばらくして、仕事をする事が困難になってしまい、1人暮らしを止め、親元へ戻りました。その頃に、発達障害と判明し、ホッとしました。就労A型などにチャレンジしますが、再び環境の変化に戸惑ってしまい、やめてしまいました。その頃に地域活動支援センターふらっとを知り2年2ヶ月通所した所で、ふとしたきっかけにより、クラブハウスゆうせんのほうへ行くことになりました。最初の1ケ月は週5で来ることができていましたが、その後、月5日とかしか来れなくなっていました。スタッフと話をして、週2から始まって、今では週4通うことができています。
普段、キッチンユニットへ入っています。週3の午前中は、ブログ更新やパソコンでの作業を主にやっています。週2で昼食作りをしています。中々危なっかしい手つきですが、スタッフや他のメンバーさんの協力の元、苦手なコミュニケーションを取りながら調理をすることができています。
自分の今の課題は、環境の変化やコミュニケーションに戸惑わない事だと思っています。それを、ゆうせんで、どう活動できるか。頑張っていきたいです。     (也)

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.